不動式・FX専業トレーダー プロフェッショナルスクールは勝てるのか?

数日前にクロスリテイリングさんから

不動式・FX専業トレーダー プロフェッショナルスクール

というFX教材が発売になりました。
早速手に入れたので、使ってみてのファーストインプレッションを書きたいと思います。

不動式FXの概要

派手な販売ページなので、もしかしたら相場の大暴落を利益に変える手法に注目してしまいがちですが、

実はこの教材で一番の売りは、

  • Webコーチングセミナー
  • シークレットセミナー
  • シークレットセミナー
  • セミオーダーコーチ

などを含めた教育プログラムにあると思われます。

国民年金受給者は老後5000万円足りないなどと言われる昨今、専業トレーダーを目指すのがいいかどうかは別として、講師の不動修太朗さんがこれまで蓄積してきたノウハウを知ることができるのは、人によってはかなり勉強になると思われます。

そしてなんといっても販売ページで最も強調していて目を引くのが、

サインツールを利用して下落相場をとらえる売り専用ロジックを使った手法

ということになると思います。

為替取引においては、よく

買いよりも売りが有利

などと言われることがありますが、今回の教材はそのあたりにも着目しているのかもしれません。

販売ページでは

大暴落をすべて予知して相場を利益に変える

というような表現がされています。

会員ページではツールを使った基本的なトレード手法の他にもFXの基礎知識やサポレジを使った応用などFX全般について解説されていますが、メインになるのはやはり販売ページでも解説されている、サインツールを使ったシンプルな手法だと思われます。

ツールについて

販売ページで解説されているとおり、この教材には以下の2つのツールが付属しています。

不動式・専用エントリーサインツール

基本的には①の予告シグナルと②のエントリーサインが表示されます。
販売ページで①は単なる予告シグナルとして解説されていますが、会員ページではこれを指標としてエントリーを控える(取捨選択する)判断の方法が解説されており、かなり重要な位置付けになっています。
ちなみにこのツール、表示される全てのポイントでアラートを表示したりメールを送信したりすることができますが、サインを取捨選択してメールを送ることはできないようです。
サインの表示条件(表示ロジック)については残念ながらブラックボックスです。

不動式・トレンドパワーメーター

トレンドの勢いを確認することができるツールです。
販売ページでは「相場の大きなトレンドの転換を視覚的に一瞬でわかりやすく教えてくれるツール」と解説されています。
トレンドの勢いを21段階で表示しますが、ロジックについてはこちらも残念ながらブラックボックスです。
また、このツールで確認できるのは現在の勢いのみであり、過去においてどの程度だったのかを簡単に知ることができません。(一応1日1回、メールで値を受信することができるようです)
このことは過去検証を非常にやりづらくしていると思います。

なお、会員ページには、メーターが示す数値について、トレンドの勢いに乗ったトレードを可能にするための範囲は一応示されておりますが、あくまでも相場の方向の目安(判断材料)という位置づけのようです。

基本的なトレードについて

推奨時間足 : 5分足または1時間足
推奨通貨ペア: クロス円のメジャー通貨(ドル円、ユーロ円、ポンド円)を推奨しているが、他の通貨ペアでもトレード可能
リスクリワード: 1:1がベース

会員ページで解説されているトレードルールでは、

エントリーを控えた方がよい場面

が明示されています。

ちなみにエントリーを控える場面を除外してトレードするEAを作って直近の状況を検証してみたところ、こんな結果になりました。

▶ドル円
https://mt4eadb.com/wp-content/uploads/2019/06/usdjpy_5m.htm

▶ユーロ円
https://mt4eadb.com/wp-content/uploads/2019/06/eurjpy_5m.htm

この期間においてはなかなかのパフォーマンスを示しているようです。

不動さんのツールはフラッシュクラッシュを予知したのか?

このツール、大暴落を予知する、というのが売りです。

大暴落と言えば思い浮かぶのが今年はじめに発生した

フラッシュクラッシュ

ですが、そのときこのツールはどんな表示をしたのかを1時間足のチャートで確認してみました。

ドル円

フラッシュクラッシュ前の12/27にサインが発生しています。

ユーロ円

ドル円と同様に12/27にサインが発生しています。

ポンド円

ポンド円に至ってはまさに暴落直前をピンポイントで捕えているように見えます。

ということで、偶然かはわかりませんが、これら推奨の通貨ペアにおいては正月の暴落をかなりの精度で捕えたといえるような気がします。

トレンドパワーメーターの精度について

販売ページにトレンドパワーメーターに関して、

特に、青いメーターが「-10」と表示されているときはスーパーボーナスチャンス

ほぼほぼ勝てる状況になっていることがわかるでしょう。

メーターが−10になっているということは、一度暴落し始めたら、さらに大きく下がっていく可能性が高いということです。

安定的に勝ち続けたい、それも大きく勝ちたい、という方はメーターが「-10」になった時を狙っていくといいでしょう。

との記載があります。

もし本当にこのメーターの精度が高いとすればこれを利用しない手はありません。
メーターの数値が「-10」になったタイミングをとらえることができればものすごい武器になるはずです。
ただ、このメーター、現在の数値しか示さず、過去検証が非常にやりにくいので、数値の履歴を残すツールを作ってみました。
数値が「-10」になった瞬間を検知することも可能です。
これを使ってトレンドパワーメーターの精度をしばらく検証してみたいと思います。

トレンドパワーメーターの優位性の検証

不動式FXは勝てるのか?

直近の相場を検証してみた限りでは、結構いいパフォーマンスを示していると思います。
もし推奨の3通貨ペアでルール通りにトレードしていたとすれば、少なくとも直近3~4か月くらいの相場ではトータルで結構な利益が出ていたはずです。
とんでもなく絶妙なポイントを捉えたサインも結構あるように感じます。
基本的にはダマシ的なサインはあまり多くないように思えますが、それでも全くないという訳ではありません。
いかにしてこのダマシ的なサインを除外することができるかどうかが、トータルで勝つための分かれ道かもしれません。
ということで、この教材については結構なポテンシャルを感じるので、今後も検証を続けたいと思います。

 当サイトの不動式FX専用オリジナル特典

当サイトから当教材をご購入いただいた皆様には、本教材を便利に使うためのオリジナル特典を無料でプレゼントいたします。
他では絶対に手に入らないものなので、ぜひご活用ください。

不動式FX専用特典第1弾 オリジナルサインツール fudo_entry

本文中の検証で使ったサインツールです。
会員ページで解説されているトレードルールでは、「エントリーを控えた方がよい場面」として、以下の2つの条件が明示されています。

教材付属のツールを利用すればエントリーを控えるべき場面でもメールが送られてきてしまいますが、本オリジナル特典ツールを利用すれば、「エントリーを控えた方がよい場面」を除外したサインのみでメールを受信することが可能となり、エントリーの効率が圧倒的に上がります。

使い方は以下の動画をご参照ください。

不動式FX専用特典第2弾 オリジナルインジケーター fudo_meter_level

本文中の検証で使ったサインツールです。
商材に付属している「不動式・トレンドパワーメーター」はチャート上では「現在」のトレンドの勢いのみ知ることが可能であり、過去の数値の推移を把握するためには、受信したメールをひとつひとつ、遡って確認する以外ありません。
複数の通貨ペアを監視、検証する場合などは大変な手間がかかり、現実的ではないと思われます。

本オリジナル特典ツールを利用すれば、メーターの数値の推移をチャート上に記録することができるので、非常に効率的に過去チャートの検証をすることが可能となります。
また、メーターの数値が「-10」に到達した瞬間をチャート又はメールで検知できるので、メーターを4時間の長期で表示させている場合などは
スーパーボーナスチャンス
を狙うのにとても役立つと思います。

使い方は以下の動画をご参照ください。

当サイトオリジナル汎用特典

▶BBRanger(MetaTrader4専用 インディケーター)

▶Dow_Dow_ind(MetaTrader4専用 インディケーター)

使い方は
https://eamt4.net/tokuten
をご参照ください。

 販売者さんから頂いた特典動画

効率的に利益を積み重ねていくために重要な要素を解説した動画とのことです。

  • 特典1)「買い?売り?待ち?不動直伝!手を出してはいけない相場とは!?」
  • 特典2)「億の利益を呼ぶ!マーケット掌握術!」
  • 特典3)「FX業界No.1トレーダーの暴露!無駄な損失を回避する経済指標の捉え方」


不動式FXを当サイトオリジナル特典付きで購入する

※ご注意

ご購入の際は下のような表示がされていることを必ずご確認くださいね!